八王子プログラミングキッズとは?

地域密着型のプログラミングスクールです。

八王子プログラミングキッズは、地域密着型のプログラミング教室です。
八王子市の小学生から高校生を対象に、プログラミング学習を通して、「変動の時代に必要な力」を育むサポートをしています。
IT業務に従事している地域の講師たちが、生徒一人一人に適したペースで学習を進めています。

ゲームやネットに夢中なら、プログラミングで自信をつけよう!

最近は、「子供がゲームやネットに夢中で将来が心配」という声を多く耳にします。
そのような子供たちにこそ、ぜひ八王子プログラミングキッズで学んでほしいと考えています。
プログラミングを学ぶと、作る側(クリエーター)に視点が変化し「自己肯定感」や「好奇心」が育ちます

変動の時代を生きていくために大切なものを身に着けよう!

また、八王子プログラミングキッズでは、ただパソコンと向き合うのではありません。
希薄になりがちな、親子間や先生、友達とのリアルなコミュニケーションを大切にしています。

さらに、最新のテクノロジーやITモラルを学び、「テクノロジーを他者のために利用する人」になれるよう、成長をサポートしています!

IT企業が本気で作った学習コンテンツ

八王子プログラミングキッズの教材の学習コンテンツは、15年以上、システム開発分野の人材育成をしてきた「株式会社ナンバーワンソリューションズ」が開発したものです。だから、小学生から高校生まで、将来も実践的につかえるプログラミング言語を学習できます。


プログラミングで身につく3つの力

①【自己肯定感】失敗を恐れず挑戦する力

テクノロジーの発展とともに、単純作業はロボットがする時代になってきました。これからは、敷かれたレールの上を歩く人間よりも、自分の考えを行動に移し、何度でも挑戦できる人が活躍する時代が来るはずです。

プログラミングでは、目的の機能を実現する際に、「仮説を立てる → 構築する → 実行する → 間違いを探す」の4つを素早く繰り返します。そのため、何度も失敗して、挑戦する癖を身に着けることができます。

②【問題解決力】自ら調べ学習する力

国語や算数、理科や社会など、学校で求められている力は、「決められた方法で、決められた答えを出すこと」です。
しかし、これから子供たちは「答えの無い変動の時代」を生きなければいけません。主体的に解決すべき課題を見つけ、そのためのプロセスも自分で決めることが求められます。

プログラミングに答えはありません。
自分で課題と過程を考えることで、主体的な問題解決力を身に着けることができます。

③【好奇心】興味を持ち、自分の個性を伸ばす力

論理的思考 プログラミング 八王子市 小学生

良い大学に入ること、良い就職をすることをゴールに学習してきた場合、それ以上の学習意欲がストップしてしまい、社会で埋もれていってしまう傾向にあります。一方、「好奇心をもって学び続ける子供」は社会で輝くことができます。つねに新しい情報に触れ、物事の仕組みに興味をもち、追求できる大人となり、変動の時代でも新しい価値を創造することができるからです。