現役SE(システムエンジニア)が教える。小学校の「2020年プログラミング教育必修化」の中身とは!?

なぜ今、『プログラミング教育必修化』なのか?

2020年から小学校で始まる「プログラミング教育」ですが、急に話が沸き上がってきた感じもあり「プログラミング教育とは何をするの?」「なぜプログラミング教育が必要なのか?」という疑問をお持ちの方も多いと思います。今回はそのような疑問に現役SE(システムエンジニア)の視点からお答えします!

「プログラミング教育」=「プログラミング言語」を学ぶということではない。

皆さんは「プログラミング」という言葉を聞くと、第一印象では、難しい英語の単語を沢山書いて、プログラムを作らないといけないという風にイメージしていませんか?

文部科学省の「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)」の資料によると、プログラミング教育については以下のように記載されています。

プログラミング教育とは、子供たちに、コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」などを育むことであり、コーディングを覚えることが目的ではない。

コーディングというのは、プログラムのコードを記述することです。つまり、コードの記述方法を学ぶのではなく、現代は、コンピューターを使うことが当たり前となっている社会なので、小学生のうちからコンピューターを道具として使えるという体験をしておきましょうというところが趣旨だということです。

プログラミング教育についての「新しい教科書」が作成されるわけではありません。

そのため、難しいコードを覚えるような「プログラミング」という新しい教科が増えるということではなく、算数や理科などの授業の中で、プログラミングを行うことで考え方を深めるような授業を行うことになります。

とはいえ、2018年現在では具体的な授業例もまだ少ないため、2020年に具体的にどのような授業が行われるのかは、よく分からないという状態です。学校の先生たちも手探りでプログラミング教育を始めるという状況が想定できます。

だからこそ、親の関心によって子供たちの「ITを使いこなす力」「プログラミング的思考」のレベルは差が出てくると感じます。

プログラムを作るのにコーディングはいらない!?

では、実際にはどのようにプログラムを作るのでしょうか?プログラミング教育には、専用のアプリを使用します。そのアプリの操作方法は、基本的にはタッチ操作やマウス操作で命令を組み合わせて簡単に作成することができるものが多いので、事前にキーボードを使えないとダメ!なんていうことにはなりませんので安心して下さい。

ここまで読んでいただくと、大分プログラミング教育のイメージが変わってきたのではないでしょうか?子供にプログラミングの基礎を習得してもらうためには、アプリを使うのが最適です。

学校で行われている、「タブレット授業」はプログラミング教育なのか?


近年、学校でタブレットを用いた授業を取り入れているケースもありますが、それではプログラミング体験にはなりません。

タブレットを使用することで、ゲーム感覚で授業に取り組めたり、発表の仕方が工夫できるなどのメリットはありますが、タブレットの使い方を覚えるだけで、「プログラミング的思考」を学ぶものではないのです。

「プログラミング的思考」とはなにか?

そもそも「プログラミング的思考」とはなんでしょうか?わかりやすく解説してみたいと思います。

「プログラミング的思考」とは簡単に言うと…

目的物を作るための手段の中で最適な「解」を考えること

目的物(建物、システム、料理etc…)を作成するためには様々な手段があります。最適な手段をもって目的物を完成させるためには、目的物を明確にイメージして、それを作成するための「行動」をし、「結果」を見る必要があります。その結果が失敗であれば「なぜこうなるのか?」「どうすればうまくいくか?」を「思考」するのです。

このような過程を通じて目的を達成していく力を「プログラミング的思考」と表現します。まさに、「プログラミング的思考」は21世紀を生き抜くための力でもあるのです。

どのようにすれば「プログラミング的思考は身につくのか?

「プログラミング的思考」は日々の生活や学校の授業の中で意識をすれば身に着けることができます。

しかし、一番「プログラミング的思考」を身に着けるのに最適なのはやはりプログラミングを学ぶことだと言えます。

理由は、実行した結果がすぐに表れて実行パターンもいくつも試せるからです。プログラミングでは短い時間で「実行する」→「結果を得る」→「パターンを考える」のサイクルを回すことができます。

例えば、理科の実験をすることを想像してみて下さい。
なにかの実験をする場合、準備をして、実際に実験を行うと結果が出るまでに時間がかかったりすることもありますよね。また、いろいろなパターンで実験するとなると更に時間もかかり、場合によっては次の日にならないと結果が出ない!なんていうケースもあるかもしれません。

では、プログラムを使う場合はどうでしょうか。プログラムを実行すると、すぐにズバッと結果がでます!また、少し間違えてもすぐに直して再度実行することで、またすぐに結果がでます!そのスピード感はやはりコンピューターを計算能力を使う大きなメリットです。更にパターンを増やして実験するというのも、場合分けの処理を書くことでそれもすぐに結果が出ます!

「この場合は○○だったけど、あっちのやり方だと△△だったよ」とか「Aのやり方より、Bのやり方の方が早くできるね!」など、色々な考え方を実際に確かめることができ、思考が深まることが期待できます。

「八王子プロラミングキッズ」はプログラミングを通じて21世紀型スキル「6C」を学べます!

1996年から学習指導要領に「生きる力」を育くむということが記載されておりますが、プログラミング教育を通して身に着けようとしている「プログラミング的思考」も「生きる力」の育む上でのアプローチの一つと考えればいいと思います。

「八王子プログラミングキッズ」はお子様の可能性をのばすプログラミング教育のコンテンツと環境を準備しています。ぜひ大切なお子様の可能性を伸ばすため「八王子プログラミングキッズ」をご活用ください!

八王子プログラミング 体験 小学生

関連記事

子供に身につけさせたい「21世紀型スキル」はどうしたら身につく!?

今、子供たちがなりたい職業 ランキングから見えてくる。時代の流れとは!?

VISCUITコース修了生の作品紹介

現役SE(システムエンジニア)が考える。小学生のプログラミング教育の3つのメリッ...

【開講】21世紀型スキル「6C」が身につく!「八王子プログラミングキッズ」

八王子 プログラミング IT革命

【注目】IT革命後に大人になる子供たちに持たせるべきスキルとは!?